北名古屋市の塗装職人 想いをカタチにかえる「塗り替えリフォーム専門店」

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  投稿一覧  >   ペンキ屋さんは雨の日はなにしてるの?

ペンキ屋さんは雨の日はなにしてるの?

2016年03月14日

こんばんは

代表の古澤です。

今日は一日雨でしたね。

外壁塗装の仕事は雨の日は仕事が出来ないんじゃないの?って思いますよね。

はい、基本的には出来ないです。お客様の大切なお家を雨の中塗るわけにはいきません。

ただ、雨でも出来る仕事があるんです。例えば

IMG_1668

これは弊社の倉庫の中でエアコンのカバーを塗っていることろです。

表面が傷んでいる場合が多いので、外壁と同じ塗料で塗ります。
ではなぜ外して塗るのかと言いますと、このタイプのエアコンカバーは
外壁面にくっついていますので、はずさないと外壁に塗り残しが出来てしまいます。
ですので、外してこのように倉庫で塗って外壁が仕上がってから取り付けます。

雨戸1回目_R

こちらは、雨戸の吹き付けをしている姿です。
赤色になっているのは、最初に錆止めが塗ってあるからです。

毎回ではないのですが、雨戸の枚数が多い場合や現場での吹き付けが難しい
場合には、このように雨戸を現場で外して倉庫に持って帰ってきての
作業になります。

高圧洗浄_R

唯一、雨での現場作業が可能なのは、こちらの高圧洗浄です。
逆に雨のほうが都合がいい時もあります。
なぜかと言いますと、近隣の方への水洗い時の水しぶきが雨で軽減
されるからです。
作業している職人は辛いと思われますが、どのみち、ぬれます。
ヤッケを着ていても跳ね返ってくる水が染みてきてぬれます。パンツまでぬれます(笑)
冬は寒いですが夏は気持ちがいいです(笑)

このように雨でも出来る作業は実はあるんです。

でもやっぱり晴れてほしいです。雨だと現場を空けなければならないし、
工期が長くなってしまいます。

明日は晴れの予報ですから、今日の遅れを取り戻します!

お疲れ様でした。

  • 見積もり依頼
  • 無料見積り
  • お問い合わせ
  • 資料請求